【大泉工場イベントレポート】青山farmers marketにて開催された「NAKED MARKET」に KOMBUCHA SHIPヘッドブルワー島田祐二がスピーカーとして登壇

1

THE_B supervisor/管理栄養士
岡清華
×
農園Heaven代表/NAKED MARKET主催
小川拓眞
×
KOMBUCHA SHIP head brewer
島田祐二

今や都市型マルシェの代名詞とでもいうべき青山farmers marketが今年で10周年を迎えます。
昨今、都内各地や首都圏を中心に次々に新しいマルシェが開催されていますが、
今の「マルシェブーム」とでもいうべき潮流を作ったことに間違いなく重要な
役割を果たしたマルシェです。

その青山farmers marketにおいて
9月1日「NAKED MARKET」というプロジェクトが開催されました。
この新プロジェクトは、プラスチックゴミを出さないように余分な梱包や袋を
一切なしにして、エコバックや、容器、空き瓶など自宅にあるものを持参し、
お買い物をしようというエコロジーなプロジェクト。
有機野菜や、ナッツ等そのままの姿で必要な分だけ買うことが出来る量り売りマーケットです。

このNAKED MARKETにおいて、
ゲストスピーカーを招待したフリートークの収録が行われました。
ゲストはTHE_Bの岡清華さん、農園HEAVEN代表の小川拓眞さん、
そして弊社KOMBUCHA SHIPヘッドブルワーの島田祐二。
フリートークは自己紹介から始まり、話の流れは健康に対する取り組みについて。

島田の健康と環境への配慮から50km圏内は自転車を利用しているという話題に
食いついたのは岡清華さん移動にはガソリンや電力のエネルギーを使うという
当たり前の考えではなく、動力は自分の脚力で賄う自転車という乗り物に対する再認識を
しておられました。

小川拓眞さんはこのNAKED MARKETを始めようと思ったきっかけも、
買い物をしたらレジ袋を使うという当たり前の概念を変える手段としてこういった
イベントがあっても良いのではと考えたからとのことでした。

KOMBUCHA SHIPのブルワリーも排水、廃棄される茶葉、排出される蒸気(熱)まで
すべて循環するよう設計されたサスティナブルな施設です。
「飲む人の体内環境を整える飲み物が地球環境を破壊すべきではない」
という“想い”で製造されているKOMBUCHA SHIP。
同じ問題意識を持つ三者の対談は非常に聴きごたえのあるものでした。

これから益々重要になってくる環境問題への取り組みは、決して他人ごとではありません。
一つ一つのごみを減らす取り組みが大きな成果となって10年後20年後の地球を救う事につながります。

1

NAKED MARKETと同日に青山farmers marketでは
「appetite」というイベントが同時開催されており、そちらにはKOMBUCHA SHIPも出店していましたので、そのレポートも少しだけ。

青山farmers marketでは、10年に渡り様々な「食」のイベントが開催されてきました。
appetiteはそのイベントの総決算。ワインや日本酒等のアルコール類から、
チーズやパン、お茶やジュース類まで幅広く一度に様々な「食」の体験ができるイベントです。
SHIPはもちろんKOMBUCHAを提供しました。
会場は共通の試飲グラスを手にした方でいっぱいです。
中央には数えられないくらいのキャンドルが設置され、
夕暮れと共に灯がともり幻想的な空間を演出していました。
来場された皆様は思い思いの飲み物を飲みながら素敵な音楽と空間を楽しんでおられました。

我々はKOMBUCHAという飲み物を知ってもらうことだけではなく
「地球を笑顔で満たす」という企業理念のもと、
腸内、⽣活、⼟地、地域、地球の環境を美しく整えるための活動を行い
KOMBUCHASHIPはこの理念を体現するプロダクトであることを
多くの方にお伝えしていくことをミッションとしております。

新たな食の体験の場を意図とする「appetite」の趣旨をまずは我々が十分理解し
これからも来場される皆さまと笑顔のコミュニケーションの場としていきたいと考えています。
次回の「appetite」も楽しみです!

2 3

ABOUTこの記事をかいた人

慶応義塾大学卒業後、大手ショッピングセンターに勤務しプロモーション関連業務に携わる。 2008年、株式会社大泉工場 専務取締役。 2011年、代表取締役社長に就任。 不動産活用を進め「OKS CAMPUS」として、映画・音楽等の大型レンタルスペースやGarden Cafeを整備。 その他、ポップコーンを中心とする【FUN FOOD事業】や、コールドプレスジュースを中心とする【ORGANIC事業部】を展開