【藤田敦子コラム Vol.5】 EVENING PICNIC

11

そろそろ梅雨が近づいてきた6月、2019年も約半年が過ぎようとしています・・・。
季節の移ろいが早すぎて、自分が着実に年を重ねていることを、日々実感せざるを得ませんね。

さて、今まで大泉工場のレポート的なことを、お届けすることが多かったのですが、Vol.5は少し私自身の仕事に関わることを♪

ありがたいことに、お仕事面で様々なことにチャレンジさせていただいたいる、ここ最近。
特に、イベント業務がやたらに増えているところ。丸の内仲通りに期間限定でオープンした「丸の内ストリートパーク」。

先日はこちらにて、友人でもある高山都さんをゲストにお招きしたピクニックを開催しました。

1

この「丸の内ストリートパーク」ですが、普段は道路である仲通りをがらっと一変させ、緑豊かな公園にしてしまう、なんとも大胆で面白い企画。
都会の道路がバッチリ緑に染まっていました。

2 3

車道歩道ともに芝をひいて、テーブルや椅子も配置。

また、ブランコが設置された場所もあり、まさに公園!なんとピアノまで用意されていて。

4

折角の、期間限定ロケーションということで、今回は、みや(高山都さん)をゲストに呼んで、みやのファンの方々と一緒にご飯をいただきつつ、ピクニックスタイルでゆっくりお話ししましょう!
というイベントを企画してみたわけです。

ここで、「みや」こと高山都さんの紹介をしますと、

高山都

女優・モデル 女性誌でビューティーモデル、ドラマや舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティなど活動は多岐にわたる。 特技はランニング。
自己ベストは3時間41分で2016年横浜マラソンを完走。

趣味は料理と器集め。 Instagramでは「#みやれゴハン」として日々のゴハンを投稿している。

美味しいものと音楽、お酒とランニングをこよなく愛す。

 

5 6

と私の友人の中でも指折りの美女であり、自慢の友人の一人♬
彼女の魅力はたくさんありますが、とにかく何と言っても努力家。
決して20代から順風満帆だったわけではなく、色々なことを乗り越えて、現在活躍している女性。

いつも刺激をもらっており、今回の企画ならみやしかいないなと思って声をかけました。
みやとはお仕事で出会っていることもあり、全幅の信頼を置いていること、そして、これはもうみやに頼んだら絶対安心な要素なのですが、お客様への心配りもバッチリ!

イベントにお一人でいらした方がほとんどだったにも関わらず、とにかく終始リラックスした空気で、みなさん笑顔で楽しんでくださっていて。
みなさん、それぞれの自己紹介タイムなんかも交えてみたり。全員、お酒が入っていないにも関わらず、みやも普段私たち友人にしか話さないような「ここだけの話」をたくさんしてくれました。

7 8

そして、ピクニックといえば肝心なお食事!
みやに「誰にケータリングお願いしようか?」と相談したところ、二つ返事で「そしたらやっぱり幸也じゃない?」と。

ってことで、私たちの友達である幸也飯として活躍している寺井幸也さんに、今回のお食事をお願いしました。
要は身内でイベントできてしまうありがたさ。企画側としては楽させてもらったような気が・・・。

今回、丸の内ストリートパークにお店を出されている、フラワーアーティストチームである”GANON FROLIST”さん。こちらにお願いし、みやが”GANON FROLIST”で選んだお花でブーケを作ってもらい、そのブーケと同じものをバスケットに入れて、幸也飯と一緒にお客様にお渡ししました。

9 10

そう、写真でお気づきかもしれませんが、私がすっかりハマっている大好きなKOMBUCHAを、今回ウェルカムドリンクでご用意。

(あなたが飲みたかっただけなんじゃ?というご意見は、聞かなかったことにしておきます。)

すっきりとした程よい炭酸もあって、幸也飯との相性もバッチリ♪
みなさんにも喜んでいただけて嬉しいな。

記念撮影撮影もバッチリ。

11

さらにこの日、そのまま幸也も滞在してくれて、友人のたけちゃんと私も加わり、思いがけずいつもの仲良し4人で、謎にみなさまをお出迎えするスタイルになりました。

12

私たち4人、じつは千葉は南房総にあるchikuraumi base camp、という宿泊施設のムービーや写真などにも出してもらっておりまして。

13

この時も楽しかったな・・・。
話が逸れてしまいましたが、こんな風に友達と楽しくお仕事できるって、ありがたいことだなあとしみじみ・・・。
(ちなみに私自身は普段裏方です。)

という感じで、私の仕事のごく一部ではございますが、こんな楽しいこともやらせてもらっているので、またこちらでも是非ご紹介させてください♪

ABOUTこの記事をかいた人

大手化粧品会社PR・企画開発担当後、オーガニックコスメのPRを経て、現在はフリーランスで様々なジャンルのブランドのPRを担当。また、イベント企画やマネジメントなど、活動は多岐にわたる。京都出身。