おうちでクラフトドリンク!大泉工場 × オーガニック焙煎玄米 Brown Rice Café

iOS の画像 (87)

大泉工場NISHIAZABU では9月17日(金)から9月26日(日)までの10日間、オーガニック焙煎玄米ブランド「Brown Rice Café」(ブラウンライスカフェ)とコラボレーションし、ポップアップイベントを開催します。

「おうちで楽しむクラフトドリンク祭り!」と題して、ご自宅で作って飲める美味しく健康的で、環境にも配慮された素敵な飲料を数多くご用意しております。

開催に先駆け、Brown Rice Café より代表取締役 後関武史さんをお招きし、Instagram Liveの配信を行いました。さらに大泉工場のアドバイザー 岡清華さんにご参加いただき、オーガニック焙煎玄米の魅力に迫りました。

ライブ配信のアーカイブはこちら

オーガニック焙煎玄米とは?

iOS の画像 (93)

Brown Rice Caféはコーヒーのように香り高くチョコレートのように深く芳醇な味わいの「オーガニック焙煎玄米パウダー」をはじめ、水を加えて振るだけで濃厚な甘みとロースト香のひきたつシロップが完成する「オーガニック焙煎玄米シロップミックス」を販売しています。

これらのオーガニック焙煎玄米は、国産の有機玄米、コシヒカリ新米を焙煎(ロースト)して微粉末(パウダー)化することで出来上がります。一見するとシンプルな製品に思えますが、Brown Rice Caféならではのこだわりが詰まっているのです!

ガス、電気不使用!環境にやさしい焙煎方法

焙煎に使用する熱源は、炭窯で炭を焼いたあとに発生する「窯の余熱」のみを使用。
ガスや電気は一切使用していません。

ガスや電気制御の窯を使って焙煎すれば、かんたんに多くの量を製造することができますが、焙煎香がひきたつおいしい製品をつくるために手間をかけているそうです。

炭窯の余熱を使うことでBrown Rice Caféならでは「深いコク」が生まれ、さらには環境配慮へのアクションにもなっています。

電気やガスを使用せず、余熱を利用し玄米を場汚染する技術は、エネルギー資源の使用削減にも寄与でき、「素敵な環境を創造する」というビジョンを掲げる大泉工場との親和性を感じますね。

魅力いっぱいの焙煎玄米

iOS の画像 (90)

焙煎玄米は良質な「プレバイオティクス」といわれています。
プレバイオティクスとは、有用なプロバイオティクス(善玉腸内細菌)のエサとなるものの総称であり、腸内の善玉菌の繁殖を助け、腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランスを整える働きをします。

また、玄米はミネラル、ビタミン、食物繊維を豊富に含む完全食品です。
さらにキレート作用のあるフィチン酸も含有しているのです。
キレート作用とは体内に蓄積された有害ミネラルや重金属、老廃物と結合して体外に排出するデトックス作用のことを指します。
(※焙煎玄米がもたらす影響には個人差があります。)

Brown Rice Caféのオーガニック焙煎玄米は、コーヒーのような香ばしさと濃厚な甘みが特徴です。よくコーヒーを飲む方やそうでない方も、おいしく、からだを労わることができるオーガニック焙煎玄米を日常に取り入れてみませんか?

簡単に作ることができ、様々なアレンジをお楽しみいただけるので、おうち時間のお供としてもおすすめです。

クラフトドリンク一色の大泉工場NISHIAZABU

iOS の画像 (94)

ポップアップ期間中はBrown Rice Café以外にも、クラフトコーラ、オーガニックジンジャーシロップなどの様々なクラフトドリンクを取り揃えています。クラフトドリンクを作るのにぴったりのマイボトルもございます。

また、Brown Rice Caféの焙煎玄米を使用した限定メニューもお楽しみいただけます。
焙煎玄米シロップミックスを使用したカフェラテ、焙煎玄米パウダーを生地に練りこんだマフィンやクッキーを店内利用・テイクアウト共に販売します。

体にも環境にも良いご自宅で作れるクラフトドリンクで、コロナ禍でも充実したおうち時間を楽しみませんか?皆様のお越しを心よりお待ちしております!

大泉工場NISHIAZABU_logo

ABOUTこの記事をかいた人

MADOKA

大学時代に栄養士資格を取得。卒業後は一次産業への関心から、食肉業界に入社。 その後、からだにも環境にもやさしい食生活が叶えられるプラントベースに魅力を感じ、大泉工場へ入社。広報業務を担当している。趣味はキャンプとランニング。 春・秋限定で月100km以上走る。(暑さと寒さが大の苦手。笑)