【出汁の作り方】捨ててしまう野菜の皮なども活用

図3-2

こんにちは!1110 CAFE/BAKERYの西川です!

今回は、お野菜から作る出汁について書きたいと思います。

皆さんはご家庭でどのように出汁を作っていますか?

当店では、野菜の皮など捨ててしまう部分も利用して作っています。

今回は玉ねぎの皮で作っているパターンをご紹介します。是非ご家庭で試してみてくださいね。

出汁の作り方(玉ねぎの皮を使用)

1. 玉ねぎの皮を洗い鍋で乾煎りしていきます。皮がパリパリになってくるまで炒りましょう。

図1

2. 皮が浸るまで水を入れます。

図2

3. 火をかけ煮詰めていきます。お好みでハーブやお塩を加えます。

図3-2

4. 皮を濾して完成!

図4

ご家庭で出る人参の皮や大根の皮などを一緒に入れても、美味しく出来上がります。

皮からでも美味しい味が出てくるお野菜のパワーに、毎回驚かされます!

色んな野菜で試してみてくださいね。
ではまた!!

▼1110 CAFE/BAKERY公式サイトはこちら!
1110バナー

ABOUTこの記事をかいた人

Nishikawa

調理師専門学校を卒業後、都内のホテルで料理の基礎を学ぶ、結婚式やケータリングも経験。ヴィーガンやプラントベースの料理を本格的に始めたのは6年前からで、1人でも多くの方に野菜本来の美味しさや調理の面白さを伝えていきたい。