「果糖とは??」

佐藤さん柿

こんにちは!SATOです!

最近は寒暖差が大きくなって秋らしい気候になってきましたね…!

そして秋は美味しい果物もありますよね!
今の季節だと梨やぶどう、りんごなどが旬と言われています。

そこで今回は自分自身も気になっていたフルーツに含まれる果糖について
お話ししてみたいと思います。

〇フルーツの美容効果

まず初めにフルーツにはビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質が
豊富に含まれているため、紫外線やストレスからお肌を守ったり、
シワなどの老化予防になる効果があります。

またビタミンやミネラルはお肌の健康には不可欠で、食物繊維が豊富に含まれており、
腸内環境を良くしたり肌荒れなどの予防としても役立ちます!

しかしフルーツにも「糖」は含まれており、食べ過ぎは太ってしまう可能性があります。

佐藤さん果物

〇果糖とは?

そもそも果糖というのは単糖類の一つで果物や蜂蜜などに多く含まれています。
ちなみに皆さんがよく食べている砂糖の主成分はショ糖と呼ばれ、
この果糖とブドウ糖が組み合わさったものです!

よく果糖なら取って良い、とか、フルーツなら食べても太らない!と言われているのは、
果糖は血糖値を上げにくい事から、食べても良いと言われております。

フルーツに含まれている果糖には食物繊維が豊富に含まれている為、
糖質の吸収を抑えてくれる事で血糖値が上がりにくくなるのです。

〇フルーツの食べ過ぎは危険!?

一見良いように聞こえますがそれが意外と落とし穴となってきます!
血糖値が上がりにくいという事は「満腹になりにくい」とも言えます。

その為フルーツは沢山食べれますよね!

佐藤さん満腹

また本来砂糖などは腸内で単糖類に分解し、吸収した後肝臓へいき代謝されるのに対して、
果糖は直接肝臓へ代謝されます。

その結果より砂糖より早く中性脂肪になりやすくなります!

ですので、結果として糖を摂り過ぎてしまい太ってしまうという仕組みです。
ちなみに血糖値を最も上げるのはブドウ糖で、
砂糖の場合は摂取する事で血糖値が上がってしまいます!

〇まとめ

ここまで伝えるとフルーツ良くないのかな、っと思いますがあくまでも食べ過ぎは良くない!
という事なので適切に食べれば大丈夫です♪♪

果糖の含まれている果物の摂取量の目安は200〜300gとなっています!
りんごやブドウ、梨だと1個、みかんやキウイ、バナナだと2〜3個を目安です!
つまり適切な量を守って楽しんで食べる事が大切です!

大泉工場では絞りたてのコールドプレスジュースを大泉工場NISHIAZABUで販売しております!
この機会にぜひお手に取って不足しがちな野菜やフルーツを摂取しましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

Sato

大泉工場入社後、営業事務・品質管理として勤務。元々食に興味はあったが入社してから食への興味がさらに沸き、自然と有機やヴィーガンの食材を手に取るように。一人でも多くの方に会社の良さを知ってもらえるようサポート業務として邁進すると同時に、今は料理のレパートリーを増やすことが目標!」