誰もが笑顔になるFUN FOOD。

%e9%9d%92%e5%8d%97%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf2016-30

lovely smile with fun food.~おいしい笑顔はFUN FOODと共に~

FUN FOODのビジネスを展開するうえで、ひと時も忘れる事のない信念です。

この思いを広めていく活動として「FUN FOODの日」というボランティア活動を4年前から始めました。おかげさまで、この活動は多くの方に共感頂き、私たちの直営店がある西麻布周辺の小学校などでも、毛色を変えて実施するまでに成長しました。

青南フェスタ2016 (20)
ポップコーンは五感を刺激し、待っている間もワクワク感を創出する。

先日も、青山にある「青南小学校」の学校イベントにお呼ばれして、ポップコーンブースを出店してきました。昨年も同じイベントに参加し、2年連続でポップコーンを提供する事が出来ました。

こういったイベントでポップコーンに初めて触れた子供たちが、大きくなった時にこの日の事を思い出し、次の世代にFUN FOODを広めていく。そんな連鎖が起こっていけば、我々の理念である『FUN FOODで地球を幸せに。』という事にも一歩近づくと考えています。

青南フェスタ2016 (10)
ポップコーン作りを手伝う子供たちからも笑顔が溢れる。

特に、この「青南フェスタ」では“こどもたちが作るお祭り”という事をテーマにしていて、子供たちが作ったおばけ屋敷やスライム作り教室など、子供の成長にも重きを置いています。私たちのポップコーンブースにも例外なく子供たちがお手伝いに来て、ポップコーン作り係とレジ係を体験しました。

こういった“体験”が、私たちの考えに非常に近かった事もあり2年連続で出店させて頂いています。もちろん、去年手伝ってくれた子供たちは、今年ポップコーンを買いに来てくれていました。こういった子供の成長を見るのも楽しみの1つになっています。

東京のど真ん中にある小学校であろうと、地方の小学校であろうと、子供が成長するスピードに変わりはありません。まだまだ未熟な活動ではありますが、1人でも多くの子供たちにFUN FOODを広めたいと日々考えています。

この活動に共感して頂ける方からのご連絡、いつでもお待ちしております。
一緒に広めましょう、子供が笑顔になるFUN FOOD。

ABOUTこの記事をかいた人

大泉寛太郎

1981年生まれ。 学生時代より、イベントチームやフットサルチームの立ち上げ、BarなどでDJとして活動。 大手商業施設でテナントリーシングや営業企画、PR、広報など幅広い分野を経験したのち、2008年大泉工場入社、2012年より現職。 アジアからオセアニア、ヨーロッパ、北米、アフリカと世界中を飛び回り、地球の「今」を体感。 「地球を笑顔で満たす」というMISSIONを掲げ、日々、いかに「素敵な環境を創造するか」自問自答しながら生きている。 にゃん丸という愛猫と二人暮らし。