新春「達磨カリグラフィー」開催レポート

3

皆さま、明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

遅ればせながら新年初のブログとなるため、まずはご挨拶させていただきました。
CAMPUS TEAMのNatsukiです。

5

今回はJUKUBOXの新春スペシャル講座として開催しました、カリグラフィーアーティスト・スクリプトデザイナーの原田祥子さんによる「達磨カリグラフィー」の様子を皆さまに少しお伝えできればと思います!

JUKUBOXでは既に2回目となる原田さんによる「和モダンカリグラフィー」の講座ですが、そもそもまず「カリグラフィー」という言葉を初めてお聞きになった方もいらっしゃるかと思うので少しご説明を…

カリグラフィーとは…

「カリグラフィー」とは、ギリシア語で”美しく書く”、西洋での”書道”を意味します。

現代的なスタイルは「モダンカリグラフィー」と呼ばれており、より自分らしく、“絵を描くように文字を書くこと“、アートに昇華させた文字の表現です。

JUKUBOXの講座で取り上げている「和モダンカリグラフィー」とは、原田さんが独自解釈する、モダンな和の世界を西洋のモダンカリグラフィー(西洋の書道)のお道具を使用し、組み合わせた「日本語カリグラフィーの表現」です。

図2

現代はメールやSNSでのやりとりが主流となり、学校の授業もタブレットで行う時代です。「紙に文字をかく」という行為、ましては誰かに向けて手書きの手紙を渡す機会は明らかに少なくなってきています。

しかし一方で、「かく」という身体性を伴う行為を通すことにより、脳が活性化されることや、自律神経を整える効果があることなども科学的に証明されはじめており、意識的に手書きを取り入れることを推奨する声もあります。

また、手書きはその人となりや気持ちが伝わるということで、このデジタル時代に改めてペン字や習字、それこそカリグラフィーを学び始めるという方も増えてきているようです。

私自身もともと「かく」という行為が心地よく単純に好きなため、いまでも日記や自分の思考を整理するとき、誰かに感謝の気持ちを伝える際は好んで手書きで行います。

手書きの文字というのは、個性の塊です。

もちろんある程度のテクニックのようなものは存在するかと思いますが、最終的にはナマモノで、一つとして同じものは存在しえないですし、自身を表現する一つの媒体でもあります。

そしてそれこそがまさに原田さんの提唱する「和モダンカリグラフィー」の面白さであり、愉しさなのです!

図1

自身の哲学で、身体を使って文字をデザインする。自身自身を文字に昇華させ表現する。そう思うと、ワクワクしてきませんか?

今回の原田さんとの和モダンカリグラフィー講座では、日本のお正月といえば書初め!ということで、今年の抱負を漢字一文字で達磨に筆入れする、新春スペシャルな内容で開催いたしました!

達磨のまちとして有名な群馬県前橋市にある darumaluさんのご協力のもと、「達磨に文字をデザインし筆入れする」というとても貴重な体験となりました。

達磨について

達磨は、日本で生まれ育った人は恐らく大多数の方が知っていると思います。

しかし実際手に取ったことがある人、目を入れたことがある人、達磨に関する豆知識、意味などを知っている方は少ないのではないでしょうか。

かくいう私自身、今回初めて達磨を持ちましたし、高崎達磨の顔には鶴と亀が描かれていることを知りませんでした!

今回参加してくださった受講生の方の80%の方も、初めて達磨に触れたとおっしゃっていました。

今回のdarumaluさんの達磨は、70代の達磨職人さんが一つ一つ手作りでつくっているものです。お正月をきっかけに日本の伝統工芸に触れるというの、良いですよね。

図1

今回の講座は、darumaluさんのロゴデザインの依頼をされたきっかけで達磨の魅力に取りつかれた原田さんから、達磨についてのプチ知識を学び、後半ではお待ちかねの和モダンカリグラフィーの時間にどっぷり浸かっていただきました!

皆さまそれぞれが今年どんな一年にされたいか、ジャーナリングをしていただき、そこから漢字一文字を決め、達磨に「和モダンカリグラフィー」デザインで筆入れ。

4 5 2

ちなみに、ちゃっかりJUKUBOX達磨も原田さんにつくっていただきました!

選んだ漢字は「環」

大泉工場の「素敵な環境を創造する」というVISION、そしてJUKUBOX・OKS CAMPUSを通して様々な「環(わ)」や「循環」を広げていければという想いを込めてこちらの漢字にしました!

JUKUBOX達磨は日本家屋に飾ってありますので、是非いらした際は探してみてくださいね!原田さん有難うございました!

3

新春!達磨カリグラフィー講座、ご参加誠に有難うございました。
皆さまにとって今年一年が実り多き素敵な一年になりますように!

そして2023年も皆さまとの出逢いやご縁を大切に、JUKUBOXを通して好奇心の「環」が広がっていくことを楽しみにしております!
本年もJUKUBOXをどうぞよろしくお願い致します!

▼JUKUBOX公式サイトはこちら