取り扱いポッパーサイズの特徴

1

こんにちは、FUTURE FUN FOODチームのIGARASHIです。
今回は用途に応じたポップコーンマシンの特徴をご紹介します。

小さな会場での使用

家庭や中小企業での使用には、4オンス、6オンス、または 8 オンスのポッパーを検討する必要があります。これらの機械は 1 時間あたりポップコーンを60 ~ 160 オンスを生産します。便利なサイズなので、カウンタートップに置いたり、カートと組み合わせたりできます。標準の 100V 15 アンペア プラグで動作します。すべてのモデルに取り外し可能な EZ Kleen Kettle が付属しているため、誰でも簡単に掃除して維持できます。

大規模な会場、工場など

ポップコーン生産で品質と量が必要な場合は、32 オンスのサイズのポッパーをご検討ください。最大で60オンス。食料品店、映画館、スタジアム/アリーナ、および製造施設には、このタイプのポップコーンマシンが必要です。生産率は1 時間あたりポップコーンを500オンスから1200オンス生産します。これらは、100/200V、50 アンペアのプラグで動作するフロア モデルです。機能には、上昇気流換気、消火システム、およびろ過機能が含まれる場合があります。さらに、FlexiPop を使用すると、バッチ サイズを調整できます。すべてのオペレーターにトレーニングが必要です。

2

▼公式WEBサイトはこちら
FUTURE-FUN-FOODバナー-2-300x90

ABOUTこの記事をかいた人

YUTAKA IGARASHI

前職は大手ガスエンジニアリング会社にて様々な業務に関わる。機械設計、メンテナンスに関わっていたことから、大泉工場のマシンメンテナンスに関わるために入社。 食と健康に関心を持っていたことから未来を見据えたFUTURE FUN FOODチームに所属。趣味はドラムを中心とした音楽活動。