【大泉工場ニュース】大泉工場OMOTESANDOオープン

21

ブランドショップが軒を並べ、日本でも有数のショッピングストリートである表参道。有名サロン や、行列のできるカフェも点在し、曜日を問わず多くの人で賑わう人気のエリアです。

そんな表参道駅交差点すぐ、国道246号沿いにある屋台村「COMMUNE」の入り口に2020年9月4日(金)大泉工場OMOTESANDOがオープンしました。

大泉工場OMOTESANDOは、KOMBUCHA(コンブチャ)をはじめ、コールドプレスジュースクレンズ、プラントベースのグロッサリーも数多く取り揃え、健康や環境に良いプロダクトを発信するHEALTHY DRINK STANDです。

私たち大泉工場の目指すVISIONである素敵な環境を創造する店舗として、「ZERO WASTE」を目指し、KOMBUCHA(コンブチャ)はマイボトルへのリフィル提供を推奨しております。
店舗内でもデザイン性、機能性共に優れたマイボトルを数種類ご用意しています。
その場でKOMBUCHA(コンブチャ)を詰めてお渡しする事も出来ますので、ボトルをお忘れの際には一度店内を覗いてみてください。

また、KOMBUCHA(コンブチャ)をテイクアウトするお客様には使い捨て容器ではなく、洗って繰り返し使用できるリユースカップでのお渡しをしております。リユースカップはデポジットでお貸出ししており、カップをご返却いただくとご返金させて頂きます。

大泉工場OMOTESANDOをご利用いただくことで、お客様ご自身も地球環境の美化に貢献できる仕組みとなっています。

大泉工場の目指すVISIONを具現化した店舗として、2021年8月末までの期間限定オープンとなります。

店舗には開放的なルーフトップがあり、そのスペースを利用して様々なイベントの開催も企画しています。第一回の開催は、9月27日(日)に座って行うチェアヨガのイベントを予定しています。
詳細はHPSNSにてお知らせしますので、ご興味のある方はチェックしてみてください!

全ての環境を素敵に創造するという私たちのミッションを多くの方に知っていただき、体感していただける新しいスポットとして、笑顔で皆様のご来店をお待ちしております。

ABOUTこの記事をかいた人

Tanaka

大学卒業後、飲食業界へ就職。10年の経験を経てマクロな視点で飲食業に携わるため転職を決意。大泉工場入社後、直営店での勤務経験を経て現在はPRを担当。新たな領域で邁進中。